アンチエイジング

アンチエイジングとは何?肌の老化の「原因」と「減速方法」

 

アンチエイジングとは何?

 

 

anti-aging(アンチエイジング)・・・「anti=抗~、対抗する」,「aging=老化、加齢」

すなわち、アンチエイジング=老化に対抗する、抗老化、抗加齢という意味です。

巷では、若返ると誤認識している人も多いですが、正確には体が劣化するスピードを遅くするという認識が正しいアンチエイジングです。

具体的には、40歳で到達する体の劣化を50歳、60歳まで引き延ばせれば劣化のスピードを抑えられアンチエイジングできていると言えるのです。

決して40歳の体を20歳に戻すということではないので注意してください。

また、アンチエイジングと言っても肌、髪などの見た目上の話から内臓、メンタルまで色々あります。

今回は私も含め女性が一番気にしている「肌」のアンチエイジングについて書いていきます。

 

お肌の老化を加速させる2つの原因

 

 

アンチエイジング医学の研究では、老化を早める原因が「酸化」と「糖化」の2つに深く関係しているということが分かってきています。

「酸化」と「糖化」とは一体どのようなものでしょうか?詳しく解説していきます。

 

【原因1】活性酸素による「酸化」

 

金属が空気に触れて錆びるように、わたしたちの身体にも酸化は起こります。

人間は、呼吸をするたびに取り入れた酸素を使って食物からの栄養分をエネルギーに変換しています。

この時、取り入れた酸素すべてが使われるわけではなく、残った2~3%の酸素が活性酸素に変化することで酸化するのです。

具体的には、皮膚が酸化すると細胞がダメージを受け、張りや弾力が失われていきます。

活性酸素は紫外線のほか、ストレスや喫煙、脂質や添加物の多い食品などでも発生しやすくなります。

 

◆活性酸素の発生原因

・紫外線

・ストレス

・喫煙、過度の飲酒

・添加物の多い食品

・排気ガス

 

【原因2】AGEによる「糖化」

 

酸化は体の錆、糖化は体のこげと言われています。

糖化とは、タンパク質や脂質が体内の余分な糖と結びつき、AGE=老化を促す糖化生成物を作り出すことです。

このAGEが肌の黄ぐすみやシワ、たるみ、乾燥によるごわつきの原因になります。

 

◆AGEの発生原因

・糖分や甘い物の取りすぎ

 

お肌の老化スピードを遅らせる4つの方法

 

お肌の老化スピードを遅らせる方法には、長期的に見てアンチエイジングする方法と、短期間でアンチエイジング効果を出す方法があります。

ですので、長期的に体質を改善しつつ、お肌の気になるところは短期間で集中的に改善するのが一番理想的です

 

【方法1:長期】医学的に立証されている方法を実践する

 

  1. カロリー制限
  2. 適度な運動
  3. ストレス予防

上記3つの方法は医学的にアンチエイジング効果があると立証されています。

簡単に言えば、自身の適切な体重をキープし、ジムやウォーキングなどの運動を習慣化し、ストレスを溜め込まずに定期的にリフレッシュすることが重要です。

ごくごく当たり前のことですが、「体の機能が低下するスピードを遅くする」という観点では最も効果的で、人間の生物学的原理に則った方法です。

 

【方法2:長期】食事では不足しがちな有効成分をサプリで補う

 

普段の食事から有効成分を体内に吸収してアンチエイジングしていくのが理想的です。

しかし、すべての有効成分を満遍なく補うのは難しいので、不足分をサプリメントなどで補うのが効率的です。

最近では、コラーゲンやプラセンタを飲用すればお肌プルプルになるとうたわれていますが、これらは胃酸で分解されるのでさほど効果はありません。

ちゃんと有効成分を体内に吸収できるのは「ビタミン」と「良質なたんぱく質」です!

別記事で詳しくまとめていますので参考にしてください。

アンチエイジングサプリで若返りは誤解!【ビタミンサプリ人気まとめ】

 

【方法3:短期】見た目の老化を基礎化粧品で防ぐ

 

皆さんも普段から化粧品でアンチエイジングされていると思いますが、私の母が試して効果を実感できたものをご紹介します。

※以下のポイントを総合的に判断して選別しています。

 

◆自分の悩みに合った化粧品を選ぶことが一番効率的

・シミ

→ビタミンC誘導体などが含まれるもの

・シワ

→コラーゲンを増やす役割のあるレチノール、ビタミンC誘導体を含むもの

・たるみ

→レチノール、ビタミンC誘導体を含むもの、あるいは活性酸素を抑制させるコエンザイムQ10やアスタキサンチンを含むもの

・くすみ

→ブルーベリーエキスやヨモギエキスなどの植物抽出成分を含むもの

 

 

BUNOiT GRACE CREAM(ブノワグレースクリーム)


 

  • 肌の老化や乾燥、しわ、くすみにお悩みの方にお薦め
  • 油にも溶け込む超純水を使用しているので角質のすきままで潤いで満たす
  • 東京医科歯科大学の藤田紘一郎名誉教授の推薦
  • ファッション雑誌「BLEND」で活躍していた長谷川唯さんも愛用

 

超純粋ホワイトケア【ブノワグレースクリーム】

KYO BIJIN

 

クリスマスVer

 

  • 国産白樺樹液でつくった新感覚オールインワン美容液ジェル
  • 国産の自然美容成分を30種以上配合、7つの石油系成分フリーにこだわった、自然派スキンケア製品
  • インターネットで話題の新アンチエイジング成分「ナールスゲン」配合であわゆき肌を実現
  • ブロガーやインスタグラマーなどに支持され、SNSで話題
  • 米LAの有名サロンにも置かれている商品

 

オールインワン美容液ジェル【KYO BIJIN】

 

エクストラリッチローション



  • 渇きやすい年齢肌のための高保湿化粧水
  • 化粧水なのに、美容液成分95.8%配合
  • 通常の精製水よりもミネラルが多く、蒸発しにくいため、 高い浸透力と保湿力がある
  • トリプルヒアルロン酸、生コラーゲン、4種のプラセンタ配合

 

美容液成分95.8パーセントの美容液化粧水【エクストラリッチローション】

【方法4:短期】美容外科に通う

 

これまではアンチエイジングとして、「予防」や「将来への対策」方法をご紹介してきました。

ですが中には、今すぐに効果を実感したい今すぐきれいになりたいという方も多いはずです。

今まで肌のお手入れをする時間もお金もなかったという方にも、これから美しくなっていただきたいです。

そこで、今すぐお肌の状態をきれいにするためには美容外科に通う方法しかないです

私の母親が実際に体験して効果を実感できたクリニックを1社ご紹介します。

 

KM新宿クリニック

 

サーマクール

 

  • メスを使わないシワ・たるみ治療「サーマクール」
  • サーマクールとは、皮膚のシワ・たるみの改善だけでなく美肌の促進に加えて小顔効果をもたらす治療器
  • 個人差はあるが6~12か月にわたりリフトアップ効果が持続 

 

サーマクールCPTならKM新宿クリニック

 

アンチエイジングとは何?を理解するためのワード

 

細胞にダメージを与える「活性酸素」

 

活性酸素とは、「体内の他の物質を酸化させる力が強い酸素」のことです。

人間の体内に取り入れられた酸素のうち使われなかった2~3%が活性酸素になると言われています。

活性酸素は、体内の細菌やウイルスを退治してくれる効果がありますが、増えすぎると正常な細胞まで攻撃することで肌が酸化してしまいます

 

老化の原因物質「AGE」

 

AGE=終末糖化産物

タンパク質や脂質が体内の余分な糖と結びつくことでAGEが生成されます。

AGEが恐ろしいのは、体内のたんぱく質を攻撃して機能を低下させるところにあります。

この攻撃により体の老化が促進されてしまうのです。

 

まとめ

 

お肌の老化を加速させる2つの原因

  1. 活性酸による「酸化」
  2. AGEによる「糖化」

お肌の老化スピードを遅らせる4つの方法

  1. 医学的に立証されている3つの方法
  2. 食事では不足しがちな有効成分をサプリで補う
  3. 見た目の老化を基礎化粧品で防ぐ
  4. 美容外科に通う

 

最後に持論ですが、、、

女性が心も体も若々しくいられるアンチエイジングは「恋」することかもしれませんね。

 

はなちゃん

20代後半のエステティシャン。”シンプル”な考え方・生き方で”新婦る”のが今の目標。幸せになるための私なりの恋愛観・人生観、可愛いって言ってもらうための美容法、美味しいって言ってもらうための料理について実践した内容を綴っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen + 16 =